アフィリエイトでブログ/サイトの運営管理に行き詰まったら…3つの対処法

アフィリエイトをしていると、所有しているブログやサイトの運営・管理に行き詰まることがあります。

収益が激減したら、復活させるべく頑張るか、それとも潰すか…考える人も居るでしょう。

収益があったとしても、これからどう運営していけばよいかわからなくなったり、いっそ手放して新しいサイトを作ってみたくなったりもします。

そんな時に、じゃあ今あるブログ・サイトはどうする?という話になるかと思います。

運営や管理に行き詰まったら、下記3つの対処法を検討してみてください▼

・ブログやサイトを売却する

・運営や管理をしてくれる人を雇う

・中身だけ移して新サイトとして再利用する

ひとつひとつ解説していきますね。

運営や管理に行き詰まった時の3つの対処法

・ブログやサイトを売却する

・運営や管理をしてくれる人を雇う

・中身だけ移して新サイトとして再利用する

ブログやサイトを売却する

今現在も収益があるのであれば、ブログやサイトを売却するのも一つの手段です。

月の収益はその月によって差がある場合もあると思いますが、大体の平均収益を割り出してみましょう。

月の収益×1~2年くらいが売値になることが多いです。

もし、仮に月5万円稼ぐブログ・サイトがあれば、60万円~120万円くらいで売れる可能性があります。※ジャンルや運営歴などにもよります。

月に10万円稼ぐブログやサイトであれば、120万円~240万円くらいで売れる可能性が高いです。

収益がほとんどないような場合は不可能ですが、収益がある程度あるのであれば売却を検討してみましょう。

運営や管理をしてくれる人を雇う

自分で記事の構成や企画を考えたり、運営して管理していくのに疲れた…という時は、全てのディレクションをしてくれる人を雇うのも良いでしょう。

所有者は自分だけど、企画構成はディレクターに任せる感じです。

自分と相性の合う人でないといけないですし、自分の考えを尊重してくれる人や積極的にアイディアを出してくれる人の方が良いでしょう。

全て丸投げしても運営してくれるような人を探せたら良いですね。

その人に、記事を執筆するライターを選考・採用してもらったり、企画構成や広告の管理など全部やってもらい、自分は出資するだけで良い環境が出来たら理想です。

今まで作ってきたブログ・サイトを手放すのではなく、所有者はあくまで自分でディレクションを別の人に任せるのも一つの手段だと思います。

クラウドワークスやランサーズなどで、自分の代わりとなるディレクターを探すのは難しくないはずなので。

いろんな人が居るので、この人だ!と思える人をぜひ見つけてみてくださいね。

>>クラウドワークス

>>ランサーズ

中身だけ移して新サイトとして再利用する

中身とは記事のことですね。

過去に執筆した記事を別サイトに入れ替えたり保存したりするなどして、新しいサイトとして再利用するのも一つの手段。

新しいジャンルのサイトに挑戦する場合、あまりにもジャンルがドメインとかけ離れたものだと難しい場合もあると思います。

でも、ジャンルがドメインとそこまでかけ離れたものではなく、再利用できそうであればそのまま再利用するのもありですね。

例えば、自分の名前をドメイン名にしていたら、過去にニュース系の記事を書いていたとしても、これから美容系のブログとして新しく記事を投稿していっても問題ないと思います。

ブログ・サイトは運営歴が長ければ長いほどSEO的にも良いというメリットがあります。

最近オープンしたばかりのお店よりも、老舗のお店の方が安心感があるのは当然です。

ファンも当然多いですし、歴史がある分良い評価もされやすい。これはウェブ上でも同じことだと思います。

手放すのは簡単ですが、続けていくのは難しいことです。

ほとんど更新してなかったブログやサイトを1年くらいで手放すのであれば良いかもしれませんが、ずっと更新してきたのであれば、すぐに手放すのではなく再利用も考えてみてください。

なんだかんだブログやサイトは資産になる

ブログでもサイトでも、始めるのは簡単でも続けるのは本当に難しいんですよね。

何年も続けている人って本当に一握りですし、根気よく続けている人は例外なく稼げていて、上手に資産化させています。

ずっと頑張って続けているのに全く成果が出ない人を過去見たことがありません。

それくらい、継続力は大きな力になって、あとで結果として自分に返ってくるものなんですよね。

アフィリエイトは、続けているとグーグルのアップデートや広告主の撤退などがあり、どう運営していけばよいかわからなくなることがあります。

収益が落ちてモチベーションが下がったり、段々売れなくなるジャンルも出てきます。

その度に落ち込んでいたらメンタルが持ちません。

疲れたら離れても良いんですよ。離れるというのは、フリーランスから会社員に戻るということではなくて、アフィリエイト以外の別の事業に挑戦してみたりとか。

少し旅に出てみたりとか。

距離を置く感じですね。で、またモチベーションが上がったり、やる気が出てきた時に頑張る感じでも良いのではないでしょうか。

アフィリエイトを何年か続けてきて思うのですが、なんだかんだやっぱりブログやサイトは資産になるんですよ。

今ダメでも後になると収益が伸びて大きく稼げたり。いくらでも軌道修正できるものです。

それなのに、一時の判断で「完全に辞める」「ブログ・サイトを消す」というのはすごくもったいないことだと思います。

行き詰ったら消さない方向で考えてみて

ブログやサイトを消して、また新しく一から開設しようと思ったら、ゼロからの始まりです。

まだグーグルから評価されない、SEO的に弱いところから始めていかないといけません。

でも、もし過去に作ってきたブログやサイトがあるのであればなるべく消さないほうが良いです。

SEO的に評価がある状態で、新しいブログ・サイトを始めたほうが伸びが早いです。

収益化させるのも楽になりますし、今までの苦労が水の泡になることもありません。

もうブログやサイトには一切関わりたくないのであればしょうがないですが、ちょっと疲れたり行き詰ったくらいであれば、手放すのではなくどう生かすかを考えてみてください。

これからはもっともっとテレワーク・副業・在宅での仕事が増えていき、そのスピードは加速していくはずです。

ロボットに人間の仕事が奪われ、今まで当たり前だった仕事は少なくなっていきます。

そうなった時も、ブログ・サイトは生き残ります。

その人にしか書けない記事があるからです、グーグルが重視するオリジナリティのある記事ですね。

仮に、売れる商品がなくなったとしても、自分のスキルや経験を売りにすることもできるので、ブログやサイトは今後さらに重要なポジションになっていくはず。

例えば、青汁の商品を売るサイトを作っていたとして、青汁を販売する広告主が撤退して青汁が売れなくなったとします。

それでも、青汁を飲んでダイエットに成功した経験があれば、その経験をサービスとして売ることができます。

青汁を売れなくても、経験を売ることができるんですよね。

ブログやサイトは再利用しようと思ったらいくらでもできるので。

どうしてもどうにかしたくなったら、ぜひ3つの対処法にトライしてみてくださいね。

関連

「アフィリエイト」最後に勝つにはコツコツ続けること!長期戦でやっていこう
「アイフィリエイトで勝つ」 それは、自分が定めた目標金額にたどり着くこと。 そして、その金額を継続的に稼ぎ続ける...
バイマ個別コンサルはこちら

BUYMA バイマ コンサルティング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする