「BUYMA」3度目の再出品でやっと売れた!売れない商品(在庫)を売る戦略

「売れると見込んで在庫を持ったのになかなか売れない…」

「このまま売れないと困るからどうにかしたい…」

売れるはずの商品がなぜか売れない時は、お客さんの目に留まりにくい状態なのかもしれません。

それもそのはず、バイマではたくさんのバイヤーが日々たくさんの商品を出品しています。

全く同じ商品を同じくらいの価格で出品する人も少なくありません。

出品内容がかぶってくると、出品するタイミングや商品ページの見え方によって売り上げにも影響してくるんです。

そんな時、再出品することで受注につながるケースがあります。

私も先日、2回出品してもお問い合わせすらなかった在庫が3回目の出品でやっとお問い合わせが来て無事受注できました。

そこで今回は、なかなか動かない「売れるはずの在庫」を売る戦略についてご紹介します。

「売れるはずの商品」の定義

そもそも売れるはずの商品の定義は何なのか?ということですが、

・バイマで実際に売れているor売れる可能性の高い商品かつ

・ライバルと同じくらいの価格(バイマ内の相場)で出品できる商品

です。

売れる商品がそもそもわからない方は、売れない商品を扱っているために売れてない可能性があります。

その商品は、絶対売れるはずだと自信をもって言えますか?

「いや、多分…」

とあまり自信が無いようであれば、リサーチ不足かもしれません。

バイマは無在庫販売OKなプラットフォームなので、売れるかわからない商品は無在庫で出品し、売れると確信の持てる商品だけ在庫を持つようにしましょう。

バイマで実際に売れているor売れる可能性の高い商品で、ライバルと同じくらいの価格(バイマ内の相場)で出品できる商品であれば売れるはずです。

ただ、他の商品に埋もれてしまってお客さんに見つけてもらえていない可能性があります。

なので、再出品することで自分の商品を見てもらうようにしましょう。

売れない商品を再出品するポイント

売れない商品をもう一度出品し直せば、またお客さんの目に留まりやすくなります。

でも、ただ単に再出品を繰り返していても意味が無いので注目してもらえるような再出品を心がけます。

具体的には下記のようなポイントを意識すると良いです。

・1枚目の画像はなるべくカラバリで載せる

・自分で撮影した写真を複数枚載せる

・即発できるのですぐ届くことをアピール

・無料でギフト包装など付加価値を付ける

・ターゲット(買ってくれるお客さん)が閲覧する時間帯を狙って再出品

1枚目の画像はなるべくカラバリで載せる

バイマではカラバリで出品すると反応が良いとよく言われます。

実際、同じ商品がたくさん出ていてもその中でも特にお問い合わせや受注があるのは大抵カラバリで載っている商品ページです。

複数の色展開がある商品であれば、1色だけよりも何色も載せている方が目立ちます。

華やかで目を引かれてつい商品ページを見る人が多いので、色展開がある商品は1枚目の出品画像はなるべくカラバリで載せると良いです。

手持ちの在庫は1色だけだとしても、1枚目の画像だけは出来る限りカラバリで載せるとけっこう反応が違ってきますよ。

自分で撮影した写真を複数枚載せる

手元に在庫がある商品であれば、自分で撮影した写真を載せましょう。

セレクトショップや公式サイトの画像など、インターネット上の画像はやはり実物とは少し違って見えます。

素材・生地の風合い、色味、ツヤ光沢、サイズ感などどうしてもイメージしにくい部分があります。

実物の写真であれば、本物の商品を間近で見るようにリアルに感じられるはずなので「思っていたのと違った」というイメージ違いも避けることができます。

また、ネットで拾える画像だけの商品ページの中に、オリジナル画像があれば目立つのでそれだけで差別化にもなります。

即発できるのですぐ届くことをアピール

手元に在庫がある商品の強みは、何と言ってもすぐに届くことです。

必要な日までに計画を立てながら買い物をするお客さんが多い中、直前で買い物をしようと急ぎで購入を検討している方も居ます。

そういった方は、値段よりもスピード感を重視しているのでどれだけ早く届くかが大事です。

商品ページでは即発タグの設定もありますが、やはり1枚目の画像で伝えたいことを伝えるのが一番。

即発可能ですぐ届くことをアピールすると、急ぎで商品を買いたい方にアプローチできます。

その結果、別に最安値じゃなくても、他のバイヤーさんより価格が高くても買ってもらえることがあります。

無料でギフト包装など付加価値を付ける

できる限り無料で包装するととても喜ばれます。

ギフト包装はできないバイヤーさんが多いですし、出来たとしても有料になってしまうことも少なくないです。

そんな中、サービスとして無料でギフト包装できれば差別化になり売り上げにも貢献してくれます。

ターゲット(買ってくれるお客さん)が閲覧する時間帯を狙って再出品

その商品を買ってくれるお客さん(ターゲット)が、その商品を探す時間帯を狙って出品するのもポイントです。

私も過去に、出品後ものの数分で商品が売れたことがありました。

たまたまターゲットであるお客さんがちょうど商品を見ている時に、うまい具合に出品できたので受注につながったんだと思います。

もし、ターゲットが主婦さんなら午前~午後に閲覧することが多く、逆に夕方~夜にかけてはあまり閲覧しないはずです。

OLさんであれば、日中は仕事で閲覧することはなくあってもお昼時、あとは帰宅後の夜~就寝前までの時間帯に閲覧する人が多いです。

この商品を買う人は、きっとこれくらいの時間に見るだろうから〇時になったら出品しよう、など出品のタイミングも調整すると良いですね。

再出品しても受注が無い時は?

1回の再出品でうまく受注につながれば良いですが、それでも受注に至らないこともあります。

そんな時はめげずにもう1度再出品しましょう。

1回目の再出品で足りなかったところはないか確認してみます。

もし、同じ商品を出品しているライバルが居たら、画像加工や商品コメントの内容を参考にしたり、お問い合わせの内容を確認して自分の商品ページを修正します。

再出品して日が経ち、それでもお問い合わせや受注が無い…

という時は、また同じように修正点を洗い出して改善できるところを全て変えていきながら再出品していきましょう。

売れるまで再出品を繰り返していくと良いですね。

3度目の再出品でやっと売れた時のこと

あるブランドのショルダーバッグなのですが、セール時に安く買い付けしていたものの出品しても全然売れませんでした。

そのブランドはバイマで人気のあるブランドで、その商品もコンスタントに売れているものでした。

でも、いざ出品してみると売れない…

お問い合わせも受注もないまま時間だけが過ぎ、ある時ふとこのままじゃ売れないとやっと気づきました。

そこで、なぜ売れないのか?を考えてみたんです。他のライバルバイヤーさんは同じ商品を同じくらいの価格で販売しているのになんでだろう…と。

考えてみたら、いろいろ改善すべきところが見えてきました。

・セレクトショップの画像を使ったありきたりな画像加工(1枚目)

・実物画像が暗くて見えにくい

のがダメだったのでは?

1回目の出品では、1枚目の画像をカラバリにするのはできていたのですが、よく見てみるとなんだかありきたりな画像でパッと目を引くような画像になってませんでした。

それに、実物画像も載せていましたが全体的に暗くて見えにくかったんです。

なので、2回目の出品では1枚目の画像をもっと見やすいものに変え、実物画像も取り直して明るく見やすいものにしました。

そうやって2回目の再出品をするもお問い合わせや受注はまだありません。。

少し日が経ってからもう一度商品ページを見直してみたら、

・即発アピールが出来てない

・出品のタイミングが良くない

ということに気づいたので、1枚目の画像も実物画像+カラバリに差し替えて即発アピールできるよう文言を入れました。

また、1回目も2回目も深夜の遅い時間帯に出品していたので、3回目はターゲットに合わせて19時~20時くらいを狙って出品しました。

そしたら、3回目の出品後まもなくお問い合わせが来て、無事受注に至りました。

その方も急ぎで探されている方だったので、

・即発アピールが出来たこと

・ちょうど探しているタイミングで出品できた

のが良かったのかなと思います。

再出品で受注の確率を上げよう

売れると思っていたのに売れない…無在庫ならまだしも、在庫があるならすぐに売りたいですよね。

何も改善しなければ、いつ売れるかわかりません。

もしかすると、このままずっと売れないままかもしれないですよね。

手元に在庫が残ったままの状態を避けるためにも、売れないなと思ったら再出品しましょう。

再出品して商品ページを改善していけば、売れる商品ならきっと売れるはずです。

私も3回目でやっと売れたので、再出品をし続けることできっと受注の確率があがりますよ。ぜひこの機会に売れない商品を見直して、より売れやすい状況を作っていきましょう!

バイマ個別コンサルはこちら

BUYMA バイマ コンサルティング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする