「バイマ」私が実践している売り上げを加速させる簡単なコツ

バイマで売り上げを上げるにはスピードが大切です。

バイマでは、商品が一つ売れると、一気にアクセスが上がって多くのお客様に注目されるようになります。

そうなると、さらなる受注を呼び込むことができるので、そのチャンスをものにすることが売り上げを加速させるコツ。

一つ受注が入っても、一回ぽっきりで終わってしまうのか…

それとも、ポンポンと立て続けに受注を獲得できるかは、自分自身の戦略にゆだねられています。

今回は、初心者でも簡単にできる売り上げを加速させるコツについてご紹介します。

受注が来たら商品画像UP+商品コメントを充実

受注が来て商品が手元に届いたら、まずやるべきは商品の写真撮影です。

検品のために撮影をする人は多いですが、ただ単に撮影するのではなく、ちょっとおしゃれに格好よく撮影するのがポイント。

私の場合、おしゃれな壁紙みたいなシートを用意し、その上で撮影してます。

必要であれば、ブランドのカタログや私物のアクセサリーなどの小物も添えて撮影したりもします。壁紙シートは100均でおしゃれなのが売ってますよ、木目調とかマーブルとか。

大事なのは、お客様がその写真を見たときに、自分が実際に持った時のイメージができるかどうか。

この商品を持ったら、きっとこんなコーディネートでこんな風に持つことができるだろうな…と思わせることができたらOK。きっと受注につながります。

また、お客様は写真と商品コメントでしかその商品がどんな商品かを判断できません。

なので、商品コメントも充実させることが大切です。商品は写真で見ただけと、実物を前にした時では感じ方がかなり違います。

特に、素材や実際に持った感じは実物を手にしてみないとわからなかったりします。

なので、例えば「しっかりした作りですが、素材がナイロンなので軽く、長財布や化粧ポーチ、スマホや鍵など小物を入れても重くならず普段使いしやすいです」とか。

「写真では大きく見えますが、身長169㎝の私が持つと小さめな感じです。小柄な方が持つと大きすぎず小さすぎないサイズ感になると思います。」とか。

実際に手に取ってみてわかった内容を細かく伝えてあげると購入につながりやすくなります。

お気に入り登録やカート数を見て在庫も検討しよう

初心者の方には、基本的に過去に何度も売れている売れ筋商品のみ在庫として扱ってほしいと思っています。

バイマは無在庫販売OKなので、無在庫で売るスタイルをメインにしたほうが良いです。

でも、やはり在庫を持つと今すぐほしいお客様にアプローチができるので受注につながりやすくなります。

もし、今まだ受注が0、もしくは1件のみとかで今後売れるかわからない商品の場合、お気に入り登録数やカートに入っている数を見て在庫を持つか検討しましょう。

ざっくりですが、私の場合カートに1~2入っていたり、お気に入り登録数が50以上になったら在庫を持ちます。

それ以下だと、今後売れるかわからないので…賭けみたいな感じになります。

あとは、自分と同じ商品を売っているバイヤーの受注状況(お問い合わせ数や販売実績)なども見て、検討すると良いと思います。

これだけでも実践すると割とすぐに受注につながると思うのでぜひ試してみてください。

バイマ個別コンサルはこちら

BUYMA バイマ コンサルティング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする