「バイマ」リサーチ方法の基本5つとは?売れる商品を発掘するコツ

バイマではただ単に商品を出せば売れるわけではありません。

人気の商品やトレンドアイテムなどをしっかりリサーチすることで、売れる商品を持つことができます。

そのリサーチには色々な方法がありますが、基本のリサーチは5つ。

まずは5つのリサーチをしっかりマスターすることで、売れる商品をどんどん発掘していきましょう!

リサーチ方法が身につけば、たまたま売れる商品が見つかった一発屋で終わることなく、継続的に売れる商品を見つけることができますよ。

その結果、稼ぎ続ける力が身につくはずです。

バイマの基本リサーチ5つ

バイマのリサーチ方法は人によっても違いますしたくさんあるのですが、私が実際に試してみて効果があったリサーチは以下5つです👇

  • バイマの中での人気順
  • セレクトショップ新着順
  • インスタ
  • 雑誌
  • バイマ関連ツール

バイマの中での人気順

バイマで売れているものはバイマの中から見つける、というリサーチ方法。

と言っても、バイマで売れている商品はたくさんあるので、人気の商品を探すと膨大な数になってしまいます…

そこで、カテゴリーや金額をある程度絞って検索するのがおすすめです。

例えば、比較的安く買えるお財布なら、レディースのお財布にカテゴリを設定して、3万円以下の金額で絞ると、割と人気順のブランドがどんなものか理解しやすいです。

低価格のものの方が心理的なハードルが低いですし、売れやすいのでその中から良さそうな商品を選んでみて、自分にも出品出来ないか探ってみましょう。

意外とライバルの画像検索すると仕入れ先がサクッと出てくるので。

画像検索についてはこちら👇

>>>「BUYMA」ライバルの仕入れ先を丸裸に!Google画像検索のやり方

セレクトショップ新着順

これは私がよく実践しているリサーチ方法なんですが、新作が入ってくるのが早いセレクトショップで新着順で商品を見ていきます。

その中から売れそうな商品をピックアップします。

売れそうな商品は何を基準にするのかというと、後述するインスタや雑誌、あとはバイマ関連ツール(スタイルハウスやメルマガ)などを参考にすると良いです。

大事なのは新作を見ることです。

新作商品を買う人って、基本的にあまり値段にこだわらない人が多いんですよね。

誰よりもいち早くトレンドに乗るのが優先なので、金額見てない人が多いためあまり安くしなくても売れますし、気に入ったらすぐに買うので売れやすい傾向にあります。

インスタ

インスタはツイッターやフェイスブックよりもバイマでは欠かせないSNSですね。

芸能人やモデル、タレントはもちろんですが、インフルエンサーやインスタグラマーも要チェックです。

芸能人やモデルさんもトレンドに敏感な人が多いですが、読者モデルやインスタグラマーの方がおしゃれな人は多いと思います。

そういう人たちの着こなしや持っているブランド品は参考になりますよ。

雑誌

雑誌もリサーチには必須です。

雑誌って世界観作りがしっかりされてあるので、ブランドのコンセプトを理解したり、見せ方を学ぶのにも持ってこいですね。

あと、雑誌で特集されている商品はバイマでも人気が出やすいので要チェックです。

雑誌も本当に色々な種類があるので、バイマのターゲット層が読んでいそうな雑誌を数冊読んでみてくださいね。

バイマ関連ツール

バイマ関連ツールとは、バイマに関連するもののことで、例えばStylehaus(スタイルハウス)やメルマガなどです。

スタイルハウスはトレンドのものがたくさん出ているので、今時期の流行りを知るのにもおすすめ。

メルマガも、今好調なアイテムがどれなのかとか、特集を組むブランドの告知などもあり、売れる商品を見つけるきっかけになります。

メルマガは全て目を通しておくだけでも良いリサーチになりますよ。

リサーチに慣れれば売れる商品もわんさか出てくる

リサーチをマスターすれば、売れる商品がたくさん出てきて、そのデータを積み重ねていけば、毎年どんな商品が売れるのか?というのがわかってきます。

なので、まずはリサーチに慣れるようにしましょう。

もちろん、ただ単に調べれば良いわけではありません。

インスタや雑誌をただサーっと流し読みする感じで見るだけなのであれば、あまり意味はないと思います。

自分がターゲットとするお客さんにはどんな商品が売れそうか、今年のトレンド的にどんな商品ラインナップがあれば良いか、今人気急上昇のブランドはどんなのか…?など自分なりにいろいろ考えて戦略を練っていく必要があります。

リサーチの中で、人気商品に近い商品だったり、これ出してみようかな?と思える商品があったら出品してみて様子を見て、必要であれば出品を見直したり増やしたりすると、売れる商品がわかってきますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする