【BUYMA】事務局から突然来る「買い付け保留依頼」の内容と対処法

バイマ事務局からある日突然来る「買い付け保留依頼」

あまり見慣れないタイトルのメールに思わずびっくりしますし、内容を読んでもあまりよくわからないので不安になる方も多いと思います。

また、このメールが届いた時点で、取引が再開されるまでは買い付けが行えません。

在庫が無くなったらどうしよう、発送までに時間がかかったらどうしよう…などいろいろな心配も出てくるかと思います。

でも大丈夫です。

通常であれば、この買い付け保留依頼のメールが来た日中~翌日には「取引再開のお知らせ」が届いていつも通りの買い付けフローで取引が進みます。

今回は、そもそも買い付け保留依頼とは何なのか?その内容と対処法についてご紹介します。

こちら側で操作することは特にないのですが、もし事務局から取引再開のお知らせが来ない場合はこちらから事務局に問い合わせたほうが良いでしょう。

バイマ事務局から来る買い付け保留依頼の内容とは?

注文が入った数分後、「注文来たな~、何の商品だろう」といつも通り受注商品の確認をしていると、続けざまにバイマ事務局からこんなタイトルのメールが届きます。

差出人はBUYMAカスタマーサポートで、件名が【重要】[BUYMA]商品買付保留依頼になっています。

内容を確認してみると、こんな文面になっています。

要は、このお取引がクレジットカードの不正利用が関係している可能性があるので、事務局の方で確認次第取引を再開する、というものです。

不正利用なのかそれとも違うのか、判明するまではお取引が一旦停止状態となります。

買い付け保留依頼はバイマでのお買い物が初めてなお客様、かつ高額商品の取引に多いです。

無在庫販売の場合はまだ買い付けしたらダメで、在庫販売の場合も発送準備は一旦ストップですね。

こちらで操作することは特にないので、バイマからの連絡を待つ形になります。

受注リストを確認すると、受注タグの上に「買い付け保留依頼中」の文言が表示されています。

また、現時点で買い付けや発送準備ができないので、受注詳細画面の「発送した」ボタンも押せないようになっています。

私の場合、今回は手元に在庫がある商品で発送準備をするだけだったので、特に不安に思うことは無くひとまず待機してました。

無在庫ですぐに買い付けしないといけない商品だったら…ちょっとあたふたしてしまいますよね💦

取引再開のお知らせは当日~翌日に来る

クレジットカードの不正利用などなく、取引に問題が無い場合はお取引続行となります。

その際は、すぐにバイマから連絡が来ます。

差出人はBUYMA事務局、【重要】取引再開のお知らせという件名で再びメールが届きます。

内容を確認してみましょう。

点線の中には取引IDと商品名、購入者名が書いてあります。

不正利用ではなく取引に問題ないということなので、この時点でストップしていたお取引を再開します。

取引再開のお知らせは、当日か翌日になるので待機期間は想像よりも実際はかなり短いです。

最初に買い付け保留依頼が来た時は、いつ再開されるの?どれくらい待たなきゃいけないの??と不安になりますが実際は普段の買い付けに支障が無い程度かと思います。

今回も、取引再開のメールが来てからすぐに発送準備に取り掛かり、無事発送してお客様から満足評価ももらえ事なきを得ました。

在庫販売だったので良かったのですが、これが無在庫販売ならまた状況は変わってきたと思います。

そこで、自分なりにできる対処法をまとめてみました。

買い付け保留状態で自分にできること・対処法

・無在庫販売なら在庫確認をこまめに行い完売しそうなら在庫を持ってみるなど検討する

・翌日以降になってもバイマから連絡が無い場合はこちらから問い合わせする

・最初の連絡より何日も空きそうであればお客様に一度ご連絡する

無在庫販売なら在庫確認をこまめに行い完売しそうなら在庫を持ってみるなど検討する

無在庫販売で買い付けが必要なお取引の場合、商品によってはすぐに買い付けしないと完売して商品を手配できない…という事態になりかねません。

その為、在庫確認は数時間おきなどこまめに行いましょう。

もし、セール商品等で完売しそうであれば在庫を持てないかどうか検討すると良いです。

ただ、買い付け保留の影響で買い付けが出来なかったとしても、こちら側にはまったく非がないので無理して在庫を持つ必要はありません。

在庫を持ったのに、該当お取引がキャンセルになってしまい出品しても売れない…

となると、こちらが損するだけなので売れると確信できる商品の場合に限り在庫を持つことを検討してみましょう。

翌日以降になってもバイマから連絡が無い場合はこちらから問い合わせする

注文がいつ来たのか?によってお取引が再開される時間帯も変わってきます。

注文が平日の夕方以降に来ていた場合、翌日の午前中にはお取引再開のメールが届くことが多いです。

一方、注文が平日の夕方以前に来ていた場合、その日中にお取引再開のメールが届きます。

16時~18時くらいよりも前の注文だったのか、それ以降だったのかによってその日中に取引が再開するかどうかが変わってきます。

また、平日以外の休日祝日・連休期間などは通常よりも確認に時間がかかると思います。

取引によっても通常よりもまれに時間がかかる場合があるようなので、数日連絡が来ない場合はこちらから事務局に問い合わせしてみましょう。

事務局からの連絡が遅くても、取引再開のメールをし忘れているということは無いと思います。

問い合わせすれば、今どんな状況なのか進捗状況について教えてもらえるはずです。

最初の連絡より何日も空きそうであればお客様に一度ご連絡する

注文が入ったら、いつも通り注文後のお礼のメールを送ります。

その後、買い付け保留依頼の連絡が来てお取引が再開されるまで、何日も空きそうであればお客様も不安になるかもしれません。

買い付け保留依頼の連絡が来てもその旨お客様に連絡する必要はないのですが、早く手元に届いてほしいお客様やもともと日時指定をしていたお客様も居ると思います。

時間がかかりそうであれば事情を説明したほうがお客様も安心するはずです。

メモ📝

・買い付け保留依頼はバイマでのお買い物が初めてなお客様かつ高額商品(12・3万~)のお取引に多い

・取引再開のお知らせは当日か翌日になるので待機期間は想像よりも実際はかなり短い

・待機中の間、必要があれば自分にできることを考える(完売しそうなら在庫販売の検討、数日連絡が無いなら事務局に問い合わせ、発送まで時間がかかりそうならお客様に連絡等)

買い付け保留依頼は、そんなに頻繁にくるものではありません。

クレジットカードの不正利用が疑われる場合にのみ来るものですが、実際は不正利用など無くお取引に問題ない場合がほとんどです。

お取引再開までの時間も短く、何も支障なくお取引が続けられるはず。

なのであまり心配せず、その時にできることを考えながら適宜対応していきましょう!

バイマ個別コンサルはこちら

BUYMA バイマ コンサルティング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする