DPDの配送日数はどれくらい?日本国内の配達業者は?使ってみた感想等

先日、イギリスのショップで買い付けした際初めてDPDという配送会社を利用しました。

エクスプレス便と書いてあったのでてっきりDHLかと思いきや、、、全くエクスプレスではないヨーロッパの格安配送会社です。

情報も少ない中、無事に商品が到着するかとっても不安だったので、今回DPDの配送期間や国内の委託配送会社などについていろいろまとめてみました。

今回初めてDPDを使う方、大体どれくらいで着くのか?日本国内に到着してからどこの配送会社が持ってきてくれるの?など疑問に思う方はぜひ読み進めてみてください。

結論から言うと、早くても最低2週間はかかると思っておいた方が良さそうです。

また、国内の配送会社は佐川か日本郵便のどちらかになるかと思いますが、私の場合は日本郵便でした。

注文から発送→商品到着までの配送期間

私の場合、こんな感じで順調に配送されました↓

7/20 注文・その日のうちに商品発送

7/21 ショップから発送された商品がDPDの倉庫に到着、そして出発~イギリスを離れる

7/24 香港到着

7/27 台北到着

8/1 日本到着、ただし土曜なので税関通過せず

8/3 月曜になり通関、配達業者にバトンタッチ

8/4 郵便局が配達、荷物到着+関税消費税の支払い

注文から到着まで、15日かかりました。

私の場合、買い付け先のショップからの発送が早く、注文したその日には発送されたのでこれくらいで済みました。

もし、買い付け先のショップからの発送が遅かったら、プラス何日かもうちょっとかかっていたかもしれないですね。

また、週末はありましたが連休は無かったので、これもスムーズに配送が進んだ理由だと思います。

注文の前後に連休があるとさらに配送が遅くなる可能性があるので、DPDの配送期間は最短2週間くらいから3週間くらいは見ておいた方が良いかと。

全然エクスプレス便ではないですね。

配送会社は地域による

配送会社は地域によるようで、佐川か日本郵便。

どちらの場合でも、留守の場合は不在票が届くので、その不在票をもとに再配達を依頼します。

もし、日本に届く前に商品が紛失したっぽい感じであれば、直接DPDに問い合わせたほうが良いです。

日本に到着してから商品が紛失したようであれば、佐川か日本郵便に問い合わせしてみても良いかもしれません。

関税の支払いが必要な場合は、商品受け取り時に代引きのように支払います。

私も今回バッグを購入して7万くらいの買い物で関税がかかったのですが、郵便局だったので通関料200円でした。

輸送中の安全度(体感)

今回、バッグなのに袋に入れられ、それをDPDのビニール袋に入れた状態で届いたのですが、特に袋が破れたり、濡れていた、汚れていたということはありませんでした。

なので、そこそこ優しく扱ってもらったのかなと思います。

よくDHLを使いますが、DHLでも外箱に穴が開いて中の商品が丸見えだったことがあります。

幸い水濡れや汚れなどありませんでしたが、海外からの配送となるとどうしてもこういったことは起こります。

そういった点で考えてみると、DPDはそんなに悪くない配送会社だと思いました。

配送が遅いのでそこがマイナスポイントではありますが、それ以外は特に問題ないと思います。

追跡画面があまり参考にならない件

DPDの追跡画面ですが、スマホとパソコンでちょっと仕様が違います。

スマホの方が更新は早いんですが、エラーも多くちょっと困惑することがありました。

逆に、パソコンの方はあまり更新が早くないんですが、すっきりしていて見やすくエラーも少ないと思いました。

以下はスマホ版の追跡画面↓

7/20にショップから商品が発送され、その日のうちにDPDの倉庫につきます。

7/21にイギリスを離れ、7/24に香港を通過します。

その後7/27日に台北に行くんですが…

その後の追跡画面がなぜか一番最初の7/20日に戻ります、、、一体なぜ。

この時、

・もしかして商品がイギリスに戻った?

・もしくはそもそも商品が発送されてなくて今頃発送された??

・あるいは同じ商品が再発送された???

と、困惑。

そして、その後追跡画面が更新されないのでハラハラしながら更新を待ちます。。

8/1になってやっと更新。

日本に到着したのですが、到着日が土曜日で税関はお休みなので、8/3になって通関。

そして、8/3のうちに日本郵便にバトンタッチし、8/4になって手元に届きました。

途中、追跡画面が振り出しに戻った(7/27から突然7/20に戻るところ)のはただのエラーみたいですね、びっくりしました。

パソコン画面はこんな感じです↓

DPDの追跡ページはこちら

Parcel Label Numberのところに追跡番号を入力し、検索。

こんな感じで↑簡単に荷物がどこにあるか状況を把握することができるのですが、まだIn Transitの段階なのに荷物が届きました(^^;)

で、荷物が着いてしばらくしてからAt Parcel Delivery Centerになり、だいぶ経ってからDelivered表示になっていたので、ここの部分はあまり参考にならないですね。

細かい追跡情報は役立ちました。

スマホのようにエラーもなく、とっても見やすかったです。

結論:状況に合わせて使い分けを

私は海外通販と言えばほぼDHLを利用しています。

早くて遅延もなく、荷物の破損とかもなく、今までたくさん使ってきてかなり信頼できるからです。

プレゼントだったり、急ぎで必要な商品がある場合もDHLなら安心して使えます。

バイマの買い付けにも、DHLは無くてはならない存在です。

ただ、料金が高いのがネックなので、DPDのように安く利用できる配送会社も良いと思います。

でもその場合は、配送日数には余裕を持った方が良いので、急ぎの用事やプレゼントなどでは使いにくいですし、バイマの注文後の買い付けにも不向きだと思いました。

今回は、バイマで売れ筋の商品がセールで安く出ていたので、注文が来る前に在庫を持っておこうと思って買ったので、在庫販売目的で使うのも良いと思いました。

以上参考になれば幸いです。

バイマ個別コンサルはこちら

BUYMA バイマ コンサルティング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする