「ライター」目指せ月収30万!収益UPのためにすべきこととは?

ライターは頑張れば月収30万円は稼ぐことができます。

副業でも、20万円は稼ぐことができるので、そのためには収益化を意識して仕事をしていきましょう。

私も、アフィリエイトの空いた時間を使いながら、タスクで15万、プロジェクトで月20万は稼げるようになったので、そのためにやってきたことを解説します。

ライターで稼ぐには、

  • 自分が受けられる仕事量をMAXで受け続けること
  • 良いクライアントをフォローしておくこと
  • 運営に気に入ってもらうこと

などを意識すると良いと思います。

ライターで収益UPを目指すためには

ライターで稼ぐには、少しでも良い案件を見つけ、案件を継続的に勝ち取ることが大切です。

そのために私が特にやって来て効果があったのが、良い案件を見つけたらすかさず応募し、良いクライアントに出会えたらフォローをする。

そして、クラウドソーシングを運営している側に気に入ってもらう努力をすることでした。

ほんのちょっとしたことなんですが、これらをやっていないだけで、取り逃してしまう良案件があるのだと思います。

自分が受けられる仕事量をMAXで受け続ける

私がライターとしてバリバリ記事を書いていた頃は、常に3~4つの契約があり同時進行で記事を執筆してました。

1つの契約では数日に1度の割合で記事を書く感じでした。

なので、毎日1~2記事は書いてる感じです。

それが自分が受けられる最大の仕事量だと決めていたので、それ以上増やすこともなく、かと言ってそれ以下に減らすこともなく、その仕事量を維持できるようにしてきました。

最近はグーグルのアップデートも特定のジャンルでは特に激しくなってきた感じがあり、個人でサイトを運営している人も一気に収益が吹き飛んで、ライターを雇えない状況も出てきてます。

会社だって潰れているくらいなので、ライターとして稼ぐなら1つ2つの少ない契約に頼っていると、急に仕事がなくなった時に困ってしまいます。

なので、短期契約の場合は特に、早めに新しい案件に応募していくことをおすすめします。

とはいえ、あまりたくさん仕事を取り過ぎてもキャパオーバーになるので、どれくらい記事が書けるのか?どれくらいの仕事を持てるのか自分のキャパを知っておいたほうが良いです。

それが私の場合は3~4つの契約が最大だったということです。

自分が受けられる契約は一度に3つ~4つほどだ、とわかったら契約が切れたり、仕事が薄くなりそうになったら、応募して新しい案件を手に入れ、常に3~4つの契約を持てるようにすることが大切です。

良いクライアントをフォローしておく

これはタスクでもプロジェクトでもどちらでも良いのですが、過去に一度でもお仕事でかかわったことがあるクライアントで、仕事内容やクライアント自身の人柄などに惹かれて印象が良かった場合は、フォローすることをおすすめします。

フォローしておくと、クラインアントが新しい案件を募集した時にすぐに情報が入ります。

「〇〇さん(クライアント名)が~についての記事を募集しました」みたいな通知が入るのです。

通知がくれば、フォローしてない他の人よりも早く応募できますし、その分良い案件を獲得できる確率が上がります。

人数制限がある案件であれば募集人数に達した段階で締め切られるので早めに応募できた方が有利です。

運営に気に入ってもらう

運営に気に入ってもらう努力もできると良いですね。

ランサーズでは、マガラニカ名のアカウントは、ランサーズの運営がやっているアカウントとして知られています。

マガラニカ何百~と後ろに数字がついていることが多く、何アカウントもあります。

そのアカウントが募集している案件に応募し続け、作業がひんぱんに承認されていくと、やがてマガラニカアカウントからスカウトが来るようになります。

そして、スカウトの案件になると通常よりも単価が良いことが多いです。

単純で簡単な作業でも、単価が良いので少し数をこなすだけでも稼げたりするんです。

私も、最初マガラニカが運営アカウントとは知らずに、募集している案件にけっこう手を出してました。

いろいろな案件があって、高単価だし良いなと思ったので、マガラニカが募集している案件を探して片っ端から応募してたんです。

そしたら、ある日メッセージが来て、あまり公には募集してない案件や完全非公開の案件などを紹介してもらうようになりました。

しかも、こちらの得意不得意をわかっているというか、ある程度記事の内容やライティングの仕方などから、どんな案件が合うのか吟味している感じがしました。

紹介してくれる案件は全部興味があったり、書くのが得意だったり、知識が豊富だったりするものばかりだったので。

なので、マガラニカの案件に積極的に応募して気に入ってもらう努力も大切かなと思いました。

気に入ってもらうには、一つ一つの仕事をていねいに納品し、コミュニケーションは密に取りながら、マガラニカが募集している案件に積極的に応募することです。

そうやっていると、きっと「この人やる気あるな」と思ってもらえると思います。

新たな知識を身につけ進化することも大切

記事のジャンルはたくさんありますが、全てのジャンルの記事が得意なんて人居ませんよね。

女性ならやっぱり女性向けの記事が得意な人がほとんどで、男性向けの記事は苦手という人が多いと思います。

ファッションや美容には興味があり知識も豊富だけど、金融とかITとかは苦手…とか。

得意不得意は誰にでもあるものですが、でも新たな知識を身につけて進化することもできます。

今はまだ知識がないから書けない記事も、知識を身につけた後は書けるはずです。

他のジャンルの記事も書けるようにするために、新しい知識を身につける努力も大切だと思います。

例えば私なら、脱毛に関する記事を任されたことがあり、知識を身につけるために脱毛クリニックに通ったことがあります。

ただの体験記というよりは専門的な知識も必要な記事だったので、クライアントに頼まれたとかではなく自ら行ってました。

必ずしもたくさんのお金をかけなくても良いですが、本を買って読んだり、講座を受けてみたりすることで身につけられる知識があります。

そして、身につけた知識をもとに書ける記事もたくさんあるんですよね。

「自分にはかける記事が限られている…」

「もっと執筆ジャンルの幅を広げたい!」

という人には、新しい知識を身につけてほしいですね。

知識が増えればその分、仕事の幅も広がるので、ぜひ新しい知識も身につけながら進化していってくださいね。

バイマ個別コンサルはこちら

BUYMA バイマ コンサルティング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする