「BUYMA」オンライン買い付けは日本に送れる商品か必ず確認しよう

バイマで多くの人が取り入れているオンライン買い付け。

私もバイマを始めたばかりのころ、オンライン買い付けだけで仕入れていたのですが、ちょくちょく失敗することがありました💦

その失敗とは、日本に送れない商品を多々扱っていたことです。

日本に送れない商品でも、転送を使えば仕入れることはできるのですが、その分時間がかかるので…もしお客様が急ぎで欲しい場合は受注後にキャンセルになってしまうことも。

なので、オンライン買い付けの場合、日本に送れる商品かどうか事前にきちんと確認しておくことが大切です。

もし、日本に送れない商品なら、買い付けはできるけど時間がかかることをお客様に事前に伝えるべきです。

日本配送不可のオンラインショップとは?

日本配送できない商品は、特定のブランドか特定のカテゴリーの場合に限られます。

私がよく使っている仕入れ先では、ブランド関係なくアクセサリーや一部革製品は日本に配送できません。

別の仕入れ先では、特定のブランドだけ日本に送れないものもあります。

ショップによってどのブランド・商品が配送できなくて、どれが配送できるのかはけっこう違います。

そのことを何も知らず、日本への配送OKなショップだからどんな商品でも送ってもらえるんだと思っていました。

実際は、日本への配送自体はOKでも、ブランドやカテゴリーによって不可になることがあります。

事前に配送OKな商品かどうかを確認するには、実際に支払い画面まで進めてみるしかありません。

日本への配送OKかどうか支払い画面で確認しよう

支払い画面で無事決済までいける場合は、日本への配送ができるということです。

配送できない商品の場合は、支払い画面に行けなかったり、行ってもエラーが出て手続きが進みません。

私も初めのころは支払い画面まで進んで確認する、ということを怠っていたので、通常よりもお客様をお待たせすることになってしまったことがあります。

ちょっと面倒ではありますが、後々トラブルを防ぐためにも、支払い画面で確認することを忘れないようにしましょう。

ショップによっては、掲載しているすべての商品を日本に送ってくれるところもありますが、一部の商品は日本に送れないショップもあるので。

そういうショップだけピックアップして、都度配送可能かを確認したいですね。

10日もオーバーしてお待たせしてしまった話

普段よく使っている仕入れ先の一つは、注文から発送までが早く、安心して取引できるショップなのですが、一部の商品は日本に配送できないことを知りませんでした。

その日、お問い合わせもなく来たバイマの受注通知を見て、さっそく仕入れ先で買い付けることにしました。

いつも通り支払い画面に進もうとしたのですが、「この商品は選択している住所へは送ることができません」という表示が出てそれ以上進むことができなかったんです。

そんな表示は初めて見たので、この商品は買えないんだ…と思ったらかなり焦りました。

でも、そうだ、転送会社があるじゃないかと思い直し、転送会社を使うに至りました。

ちょうどその時お盆の時期だったということもあり、その影響で配送に遅れが出ているということでお客様に待ってもらえましたが…

通常1週間程度でお届けできたはずの商品が、10日もオーバーすることに。

私もかなりハラハラしてしまったのですが、なんとか無事に商品が届き、お客様にも最終的には喜んでもらうことができて良かったです。

もしこれが急ぎで必要な商品だった場合、こちらは通常通り1週間ほどでお届けできる旨を伝え、実際にそれが不可能となったらキャンセルになっていたかもしれません。

なので、支払い画面まで進むなどして、日本に配送できる商品かどうかチェックを怠らないようにしてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする