自分の能力を安売りしてはいけない。特に、フリーランスは。

こんにちは、Mioです!

フリーランスになってもう3年以上経つので、フリーランスとして生きていく心構え的なものをまとめてみようと思います。

フリーランスになってみたものの、思うように稼げていない…

仕事は自由になったけど、生活できるほどの稼ぎが得られない…という人も少なくないと思います。

でも、十分に生活できる稼ぎがある人も居るわけで…

あんまり稼げていない人は何が原因なのかな?と考えたらやっぱり「自分の能力を安売りしている」からなんじゃないかと思いました。

自分はこれくらいしか出来ないから…このくらいの仕事なら自分でも出来るだろう。

と思うのではなく、自分にはこれくらい出来る!もっとこんなこともできる!と思うようにするだけでも得られる仕事が増えてきますよ。

転職した友人の例

私の友人は医療従事者が多いんですが、中でも看護師の友人が一番多いです。そんな友人の一人が、以前年収が低いことで悩んでいました。

看護師さんって世間一般的には高給取りなイメージがありますが、実際は病院によってけっこう違います。

確かにお給料が良いところもありますが、あまり良くないところもあって…友人が居た病院も、どちらかというと少なかったんです。

それなのに忙しくて、いつも不満を感じていたようでした。

そんなある日、やっとの思いで転職を決意し、勤めていた病院を辞めハローワークで仕事探しを始めました。

その時に、ハローワークのスタッフの方からアドバイスをされ、もっと自分の能力を評価してくれる病院に応募してみたらどうか?と言われたそうです。

友人は看護学校卒業後、なんとなく地元の病院に就職し、そのまま何年もなんとなく勤めていたのだそうです。

自分には地元の小さな病院でやってくのが向いてるだろうと。でもハローワークで仕事探しをしているうちに、スタッフの方の助言もあって上京して専門病院に勤めることになりました。

そしたら、年収はグンと上がり、自分の仕事に対して今まで以上にやりがいが持てるようになったそうです。

友人は、本当は能力があるのにただ単に自分で低く評価していただけなんです。その結果が、低い年収と不満のある生活をもたらしていました。

今はもう新しい病院で働き始めて何年も経ちますが、ずっと専門病院に勤めながら楽しそうな毎日を送っています。

「自分の能力の安売りは不幸をもたらす」これは一般的なお仕事だけじゃなくフリーランスにも言えることです。

むしろ、フリーランスこそ自分の能力を安売りすることなく、もっと上を目指してステップアップしていくべきです。

そうすれば、必然的に知識も付いて能力も上がり、成長が加速することで年収も上がっていくはずです。

ほんのちょっとだけできる自分になる

フリーランスでは、会社に勤めている時のようにただその場に居れば、上司に役割を割り振りしてもらって、仕事を与えてもらうことはありません。

自分から仕事を取りに行くスタンスじゃないと、いつまで経っても稼げないと思います。

で、仕事を取りに行くっていうのは自分から営業したり、募集があれば応募したりすることですよね。

その時に、人は自信がない人よりも自信がある人に仕事を任せたいと思うものです。

「クラウドソーシング」応募文にこだわろう!採用したいと思わせなきゃNG
最近、アフィリエイトでライター、バイマで出品担当さんを募集する機会があって思ったことがあります。 皆、応募文が適当すぎ! ...

能力があまりない人よりも、いろいろな能力がある人と仕事をしたいと思うもの。

なので、今の自分よりも、ほんの少しでも良いので、出来る自分をアピールすることが重要だと思っています。

必要以上に自分を大きく見せたり、まして嘘をつく必要はありません。

全く持っていない資格やスキルを持っていますと偽るのは論外ですが、少しだけできる自分をアピールするのは良いことです。

例えば、私の場合だと以前フォトショップで画像編集をするお仕事がありました。

フォトショップは専門学校時代に使っていたので基本的なスキルはありましたが、高度な画像編集スキルは持ち合わせていませんでした。

それでも、面接時に私にやらせてくださいとアピールして無事仕事をゲットしました。

それからわからないことは一生懸命調べて勉強して猛スピードでスキルを身につけ、仕事をしながら学んでスキルを磨く状態にできました。

もし、最初から「自分にはまだ高度な画像編集はできないから…ちょっと背伸びしすぎかな…」とあきらめていたら仕事は手に入らなかったと思いますし、成長もできなかったと思います。

基本的なスキルはあったから、というのが前提になりますが、今はまだ持っていないスキルでも短期間で追い込んで身につければ身につけられるようになります。

時には自分を追い込むことで、成長できるんじゃないかなと。

そうやって、今の自分よりも少しレベルアップした自分になっていくことが、フリーランスとして稼ぎ続けるために必要なことだと思っています。

もっとできる自分をアピールしよう

フリーランスこそ、もっとできる自分をアピールしないといけません。

自分にはこれくらいの仕事がちょうど良いだろうと思っていると、それ以上の自分にはなれないんですよね、どうしても。

スキルも身に付かず、一向に成長しません。

なので、自分にできることも限られてきて、その結果あまり収入も増えない状態になるのかなと。

自分にはできるのかな?大丈夫かな??と少し不安に思える仕事でも、できるようになろう!やってみよう!と思ってやってみると意外と乗り越えられることってあるんですよね。

そうやって一つ乗り越える度にレベルアップします。

私の場合、今はアフィリエイト、ライター、バイマの3つの仕事をしています。

例えばアフィリエイトなら、色々な手法があって初心者向けの手法もあれば中級者・上級者向けの手法もあります。

今まで初心者向けの手法でやってきたのであれば、中級者や上級者向けの少し高度な手法に挑戦してみたり。

最初は失敗しても良いので、上を目指してやってみる姿勢が大事です。

ライターなら、自分はまだ経験が浅いから修行だと思って1文字0.3円の案件を頑張ろうと思うのではなく、ある程度経験を積んだら次は0.7円の案件、次は1円の案件…

と、どんどんステップアップしていきましょう。

バイマなら、在庫販売をしてみたり、転送や直営店直送など、ちょっと手間がかかったり初心者がやってない手法を取り入れてみると良いですよね。

そうすれば、ライバルと差別化が出来て仕事がしやすくなったり、利益が増えたりします。

年収が低いな、今の生活に満足できないな…と感じたら、自分の能力を安売りしていないか一度考えてみてくださいね。

バイマ個別コンサルはこちら

BUYMA バイマ コンサルティング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする