「BUYMA」ライバルの仕入れ先を丸裸に!Google画像検索のやり方

バイマで稼ぐには競合(ライバル)を知ることが大切。

そして、ライバルが使っている仕入れ先を知れたら、今後のバイマ活動が有利になりますよね。

ベテランのバイヤーさんなら、そう簡単に仕入れ先はわからないんじゃないの…?と思われがちですが、実は意外と調べられます。

それが今回ご紹介するGoogle画像検索です。

やり方はとっても簡単なので、今日からライバルの仕入れ先をどんどん丸裸にしていきましょう!

そして、ライバルに負けず劣らず受注を勝ち取っていきましょう。

バイマで必須のGoogle画像検索のやり方

仕入れ先を調べたい商品、低価格で販売されていてどんなところで仕入れているのか知りたい商品があったら、右クリックします。

すると、「Googleで画像を検索」という項目があるのでクリックしましょう。

そうすると、新しいページが開き、画像を検索した結果が表示されるのです。

例として、プラダのレオパード柄バッグを検索してみました。

Neimanmarcus(ニーマンマーカス)やBergdorfgoodman(バーグドルフグッドマン)などのショップが表示されてますね。

こんな感じで仕入れ先を見つけることができます。

検索結果1ページ目にはバイマや公式サイト、あるいは日本のオンラインショップなどが表示されて、仕入れ先が上手く見つけられない場合もあります。

でも、2ページ、3ページ目…と探していくと、見つかることが多いですね。

加工してる画像は飛ばして探してみよう

バイマでは、基本的に1枚目の画像は必ず加工します。

カラーバリエーションを載せたり、人物画像を添えたり、色名を載せたり…パッと見た時に興味を持ってもらえて、なおかつどんな商品かすぐにわかるようにする必要があるから。

また、1枚目以降の画像でも仕入れ先の特定を避けたり、オリジナリティを出すために加工しているバイヤーさんも少なくないです。

加工している画像は検索をかけても出てこないので、次へいきましょう。

根気よく探していると、最後の画像だけ仕入れ先から引っ張ってきた画像を使っていることがあります。

多くのバイヤーは出品担当が居るので、加工スキルがあまり高くない人だと、1枚目も全て仕入れ先からの画像を使っていることも。実際加工するのって面倒ですからね…

なので、「あーこの人加工してるな…」と思っても、根気よく未加工の画像を探してみてください。

そうすれば、「え、こんな安く買える仕入れ先あったんだ!」と発見につながりますよ。

激安価格の仕入れ先をいくら見つけられるかがカギ

バイマで商品を眺めていると、何十%も安く売られている商品がありますよね。

30%から40%、中には50%以上も安くなっていて、ほぼ半額で買えるようなものもけっこう載っています。

それは、在庫を持ったり、卸で販売している場合もあるんですが、VIP割引をもらったオンラインサイトで買っていることも多いです。

在庫を持たなくても、一度に何十個、何百個と買わなくても、VIP割引が受けられるサイトはたくさんあります。

そういった仕入れ先を少しでも多く見つけ、自分も交渉してVIP割引を得て、安く仕入れることができればその分利益になります。

1商品の利益6千円が5万になった話

私も、始めたばかりの頃、12万くらいで売ったバッグでたった6000円位しか利益がなかったことがあります。

今考えれば恐ろしいくらいに低いんですが…

それは、仕入れ先を全然知らず、探し方もわからなかったからなのですが、全く同じ商品を私より5万も安く売っているバイヤーさんを発見しました。

私は12万で販売しているのに、その人は7万で販売してるんですよ?

「え…なんで….」と思い、そのバイヤーさんが使っている画像を検索してみたんです。

そしたら、調べなければきっとずっと知ることのなかった仕入れ先が出てきたんです。あの時は本当びっくりしました、こんなに簡単に良い仕入れ先が見つかるなんてと。

調べると、その仕入れ先では私が別のサイトで仕入れて販売した商品の在庫がすでに残り1個…でも利益5万は取れる計算でした。

なので、まだ受注が来てないにも関わらず、ライバルを出し抜くために先に購入して在庫を持つことにしたんです。

そしたら、在庫を持った→即発可能になり、すぐに欲しい人の需要にこたえることができ、あっという間に売れました。

その月はたった1商品で5万円の利益を得ることができてとっても嬉しかったです。

なので、初心者でも画像検索から仕入れ先を見つけ、大きな利益を上げることは十分可能ですよ。

ぜひ試してみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする