「バイマ」売れない商品を抱えないために!在庫を持つときの心得

こんにちは、Mioです。

バイマは無在庫販売ができるとはいえ、在庫を持つことになる状況はたくさんあります。

例えば、受注分のほかにもう1個追加で買うことで送料が無料になったり、売れ筋の商品で仕入れ先の在庫が残りわずかになったり、人気商品で配送に時間がかかるため一度に複数仕入れたほうが良かったり。

でも、良かれと思って毎回在庫を抱えていたら、在庫ばかり増えて売れないストレスに押しつぶされそうになることがあります。

商品にも鮮度があるので、仕入れてからなるべく早く売り切った方が良いのです。

売れない商品が在庫になってしまわないよう、在庫を持つときの心得についてまとめてみました。

在庫を持つときはいくつかのポイントに気を付けることで、ストレスなく売り切ることができますよ!

バイマで在庫を持つときに気を付けること

バイマで在庫を持つときに気を付けているのが以下8つのことです👇

  1. すでに売れたことがある商品(できれば2回以上)
  2. サイズ展開がある商品はターゲット層が多いサイズを選ぶ(iPhoneならX/XS)
  3. どちらかというとサイズ展開がないものを在庫に持つ
  4. 無難な色合いのもの
  5. はやりすたりがないデザイン普遍的な
  6. 季節関係なくオールシーズン使える
  7. 値段ができるだけ安いもの(高すぎない)
  8. 多くて3個、MAXで4個まで

在庫を持つときの一番の理由は、送料負担を少なくしたいからではないでしょうか。

多くの仕入れ先では、送料無料に一定金額を設けています。安くて3万円くらいから、高くて3万5千円くらいですかね。

海外から日本までの送料は、仕入れ先にもよりますが大体平均2000円弱かかります。

仕入れの度に毎回2000円弱かかっていたら、送料分だけでけっこうかかってしまいますよね…

なので、できるだけまとめ買いなどで送料無料にしたいわけですが、仕入れ先の在庫がなくて受注したものと同じ商品が買えない場合や受注商品と同じ商品ではなく別の商品を購入したほうがトータル的に安く付く場合もあります。

その場合にはこれからご紹介する8つのポイントを意識すると、「売れない商品を在庫に持っちゃった…」という失敗を防げるはずです。

すでに売れたことがある商品(できれば2回以上)

基本的には、在庫を持つ場合は過去に一度バイマで売れた商品の中から選びましょう。

ただ、1回売れただけであればまぐれでたまたま売れただけの可能性もあります。なので、できれば2回以上売れた商品を在庫に持つのがおすすめです。

2回以上売れているということは、それだけ人気がある商品で知名度もあるということなので、在庫に持ってもまた売れる可能性は高いです。

1度しか売れてない商品だと、その可能性は少し低くなるので賭けみたいになります。

おすすめしないのは、まだ一度も売れてない商品なのに、自分が良いと思っただけで仕入れてしまうことです。

私もこの失敗をしていて、本当にさっぱり売れず辛くなるので気を付けてください。

サイズ展開がある商品はターゲット層が多いサイズを選ぶ

サイズ展開がある商品を在庫に持つ場合は、ターゲット層が多いサイズ、すなわち利用者が多いサイズを選びましょう。

例えば、iPhoneならXとXSサイズは兼用で使えるケースがほとんど。

Xの利用者とXSの利用者を合わせれば利用者が多くなります。

なので、サイズ展開で迷ったらX/XSサイズを選ぶという感じです。あとは、過去にもっとも売れたサイズを選ぶのも良いですね。

例えば、指輪でMサイズが一番売れたらMサイズを仕入れておくと売れる可能性が高くなります。

指輪なら、女性・男性の標準サイズを調べておいて、一般的に選ばれやすいサイズを在庫に持つのもおすすめです。

どちらかというとサイズ展開がないものを在庫に持つ

もし可能であれば、どちらかというとサイズ展開があるものよりはないものの方が在庫に持ちやすいと思います。

サイズ展開がないお財布やストラップなどであれば購入者を限定しないので、買ってもらえる可能性は上がります。

無難な色合いのもの

無難な色合いのものを持つことも大事です。

もし色合いを選べるものであれば、過去一番売れた色、過去一番お問い合わせが多かった色を選ぶと安心。特に、黒やグレー、紺は定番です。

はやりすたりがない普遍的なデザイン

あまりデザインが凝ったものや、その時のトレンドが盛り込まれた商品だと、シーズンが過ぎると一気に人気がなくなるものがあります。

なので、はやりすたりがなく、普遍的なデザインでいつでも使えるアイテムを選ぶと良いです。

季節関係なくオールシーズン使える

季節ものを在庫に持つのも、できるだけ避けたいですね。

季節が限定されていると、時季が過ぎれば必然的に購入者は少なくなるので、そのままずっと在庫を持つことになってしまいます。

値段ができるだけ安いもの(高すぎない)

値段があまり高すぎるのも売れにくい原因になります。

できるだけ安いもののほうが購入者が増えるので、高くて数万円程度で買えるものに限定すると良いです。

多くて3個、MAXで4個まで

同じ商品を在庫に持つときは、多くて3個までが限度

最大でも4個までで、それ以上は持たないようにしましょう。同じ商品を5個も6個も持ってしまうと、トレンドが過ぎて売れなくなったら在庫になってしまいます。

バイマでは、一時期たくさん売れていたものでも、一定の時期を過ぎればパタリと受注が止まり、一向に売れなくなることがあります。

けっこうよくあることなので、同じ商品ばかり在庫を持つのではなく、分散させた方がずっと在庫を抱えるリスクは少なくなりますよ。

売れない商品が増えないよう気を付けよう

売れる商品を見極めて、一気に在庫を持って一気にさばく、という戦略は良いと思いますが、売れるか売れないかよくわからない商品を持ってみて、賭けみたいなことはなるべくしたくないですよね。

私も今まで安易に在庫を持っては売れず、「あ~なんで在庫持っちゃったんだろ…」と思って気が重くなったことが何度もありました。

バイマを始めて間もないうちは特に、どの商品が売れるかなんてわかりません。

どんなに素敵な商品で、どんなに売れそうに思えても、100%売れるという保証はどこにもありません。

自分の勘をあまり過信しすぎず、売れた商品の中から売れ筋を見極めて、慎重に在庫を持ってみてみくださいね。

在庫を持ってしまったら、できるだけ早く売りさばくようにしましょう。

バイマだけでは不十分なので、メルカリやラクマなどのフリマアプリも活用して売るチャンスをしっかりつかんでいきたいですね。

>>>「バイマ」在庫を抱えた時の対処法とは?メルカリで売るコツについて

バイマ個別コンサルはこちら

BUYMA バイマ コンサルティング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする