ブログのアクセスUPに!一瞬で心をつかむ77の文章テクニックレビュー

こんにちは、Mioです(*´ω`*)

最近、検索順位でそこそこ良い位置に居るはずなのにあんまりクリックされてないな~クリック率もっと上げたいな~と思ったので1冊本を買ってみました💡

それが、今回ご紹介する本「一瞬で心をつかむ 77の文章テクニック」です。

最初はどうかなと思っていたのですが、読み進めてみたら今すぐ使えるタイトルや見出しの書き方などが細かく載っていたのでアクセスアップにつながりますよ✨

実際、イマイチだったタイトルをリライトしてみたら以前よりアクセスが集まるようになったのでおすすめです‼

今回は、実際に読んでみた感想と共におすすめポイントやちょっと残念な点もご紹介します。

一瞬で心をつかむ77の文章テクニックはこんな人におすすめ

  • アクセスアップでも特にクリック率を上げたい人
  • 魅力的なタイトルがつけられない人
  • 早い段階で離脱されてしまう人(滞在時間が短いなど)

アクセスアップでも特にクリック率を上げたい人

本の中では、どうすれば人を引き付ける魅力的なタイトルが付けられるか?人はどんなタイトルに引き付けられるか?を徹底解説しています。

具体例と共に解説があるのですがこういう例はNG!こういう例はOK!とわかりやすいです。

見比べてみると、「あぁ、確かにこっちのタイトルの方がクリックしたくなるなぁ」と納得がいくのでどんなタイトルをつけると魅力的なのかがよくわかります。

魅力的なタイトルがつけられる=クリック率UPでアクセスを増やしたい人におすすめです‼

魅力的なタイトルがつけられない人

記事を書く段階で1番最初にタイトルから決める人、文章をまとめ最後にタイトルをつける人居ると思いますが記事を書く時にパッと魅力的なタイトルがつけられないことはないですか?

言いたいことがまとまっていなかったり、リズム感が悪く読みづらかったり…

そんな人も、本の中で練習していくうちにこんな感じでタイトルをつければ良いのか!と感覚的にわかってくると思います💡

お題があり良い例と悪い例があるので、例文を見る前に自分で考えてみるのも良いでしょう。

例えば、p.14のテクニック01というところではお題が「数字を入れる」です。

読んでいけばすぐに数字を入れた例文が書いてあるので、読む前に数字を入れた魅力的なタイトルってどんなだろ?「急な来客でも3分で家が綺麗になる掃除法」とかかな?とか。

例文を読む前に一旦自分の頭の中で例文を作ってみると、その後に良い例悪い例と見比べて答え合わせが出来るのでおすすめです。

早い段階で離脱されてしまう人(滞在時間が短いなど)

本の中では、最初はタイトルや見出しの付け方についての説明があるんですがその後にリード文、記事の出だしなどの書き方も解説しています。

記事を最後まで読んでもらうことってすごく大変なんですが、少しでも沢山読んで欲しい。

そんな人にもこの本は役立つと思います。

どうやったら読者を引き付けて読み進めていってもらえるかな?というのがわかると思います。

残念なところ

ちょっと残念だなと思ったのが、チラシとか新聞とか、広告とかに使うなら良いなと思える文章でもウェブで使うのはちょっと難しいかな?と思うところがありました。

ブログ・サイトで魅力的なタイトルを付けようと思っても、ある程度ルールがあります。

検索結果に表示されるのは32文字までなので、タイトルの文字数も32文字程度に収めるほうが良く収めなくてもあまり長くなると意味が伝わらないこともあります。

また、キーワードを適度に入れることも意識しないといけません。

本の中では、ただ単に先が読みたくなるタイトルをつけていることもありますがブログやサイトではもう少しルールを考えてタイトルをつける必要があると思います。

なので、本のタイトルとかには良いのかもしれないけどブログやサイトにはちょっと…

と思うものもいくつかありました。

全部が全部役立つというわけではないので、使えそうなものから参考にしてみてください‼

初心者にも中級者にも読んで欲しい本

文章術に関する本はまだ全然読んだことがないという初心者の人にも、文章術系の本はある程度読んだよという中級者の人にも読んで欲しい本です。

私も文章術系の本はいろいろ読んできましたがそれでも他の本に書いてないこともあります。

また、他の本にも書いてある内容だけどさらに突っ込んだ内容もありました。

例えば、タイトルに数字が入っていると良いというのは他の文章術の本でも言われていることですが95%よりも94.5%という表現の方が印象が強いと書いていました。

それを読んで、確かに!より具体的な数字の方がインパクトが強い+信憑性が高いと思ってしまうなぁと気づきました。

また、命令形や少し非道徳的なワードを入れたタイトルも良いとありました。

命令形や非道徳的なワードを入れたタイトルってあまり推奨されないものだと思いますし、私自身試したことがないんですがそういう見せ方もあるのかなと新たな発見でした。

なので、他の文章術の本を読んだ人にも役立つものがあると思うのでぜひ見てみてください✨

関連記事

「セールスコピーライティング」アフィサイトで参考になった本3冊
記事を書いても商品が売れない、もっと成約率を高める文章が書きたいという人におすすめのセールスコピーライティングの本3冊をご紹介します。
バイマ個別コンサルはこちら

BUYMA バイマ コンサルティング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする