「結果を出す為に必要な作業量の目安」成果につながる努力してますか?

こんにちは、Mioです。

アフィリで結果を出すには作業量が大事!稼げていないなら作業量が足りてない!!とよく言われますが、でもこんなに頑張って作業量はこなしてるはずなのに…と思っていませんか?

結果を出すために必要な作業量は人それぞれ違います。

もともとのスキルや扱うジャンルも違うわけですから当然ですよね。そして、結果が出ていないのであればそれは努力なのではなく「努力のつもり」なのです。

きちんと成果につながる努力が出来れば、必ず結果はついてきます‼

今回は、結果を出すために必要な作業量の目安についてご紹介したいと思います。

結果を出すために必要な作業量の目安

結果を出すためにはどれくらいの作業量が必要なのか?

毎日5~6時間くらいかな、という人も居れば8時間~10時間はやってるよ!という人も居ますし、いやいや12時間~16時間はやってる!という人も居ます。

結果を出せているのなら、それがその人にとって必要な作業量です。

今1日5時間6時間やって結果を出せていないのなら、あなたにはそれだけの作業量じゃ少ないということです。

8時間~10時間やって結果が出ていないのなら、その作業量でも少ないということ。

12時間~16時間やっても結果が出ていないのなら、さらに作業量を増やす必要があると思います。

また、時間の問題だけでなくブログやサイトを作る量が少ない可能性もあります。

5サイト作って稼げないのなら、50サイト作る必要がありますし、50サイト作って稼げないのなら500サイト作ってみるべきです。

既に結果を出している人達に共通することは、圧倒的な作業量をこなしてきているということです。

今結果が出ていないのであれば、自分にはもっと作業が必要だということを理解しましょう。

成果につながらない努力は努力ではない

成果につながらない努力は努力ではありません。

努力したつもりになっているだけで、努力した末に得られる結果よりも努力する過程で得られる自己満足を優先しているだけです。

こういった人は、何かを達成するという本来の目的を忘れてしまいいつの間にか手段をこなすことが目的にすり替わってしまいます。

自由で経済的な余裕を得る生活のためにアフィリを始めたつもりが…

その為の手段である「1サイト100記事こなす」「10サイト立ち上げる」が目的になってしまうのです。あなたの本当の目的は手段の先にあるはず。

それを忘れないように、圧倒的な努力で結果につなげていきましょう。

圧倒的な作業量をこなすためには、期限を設けるのも良いです。

2年以内に月収30万稼ぎ続けられるようになる!とか。その為には何月までにサイト設計を済ませて何月までに外注を雇って…と細かい計画も必要ですね。

とはいえあなたの頑張りは事実である

  • 圧倒的な作業量の大切さ
  • 今結果が出ていないのであれば作業量を増やす必要がある
  • 作業量とは時間的な作業量、量的な作業量を含む
  • 成果につながらない努力は努力ではない
  • 努力のつもりになっていると自己満足で終わり結果につながらない

ということをお伝えしましたが、あなたが一切頑張ってないというわけではありません。

あなたが人知れず日々頑張っているのは確かな事実。

でも、結果を出すには成果につながる努力を意識するべきだということです。

あなたの今までの頑張りを振り返った時に、「もっと1日の作業時間を増やしていたら良かったかな?」とか「効率よく作業を進めるために外注も同時進行すれば良かったかな?」とか。

自分の頑張りの中で改善できるところを洗い出し、もっともっと結果を出すために出来ることを考えて行動に移していくのです。

これを繰り返していけば、きっと成果につながる努力が出来て結果を出すことが出来ますよ✨

バイマ個別コンサルはこちら

BUYMA バイマ コンサルティング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする