「BUYMA」低単価商品の仕入れで送料をかけないコツとは?SALE品を狙え

海外のオンラインサイトで仕入れる時、単価の低い商品だと、買い物の度に送料がかかってしまいますよね…送料はどこも大体、1000円位から3000円弱くらい。

その度に送料分も払ってはもったいないので、送料をかけずに利益を取ることが大切です。

そこで今回は、低単価商品の仕入れで、なるべく送料をかけないようにするコツについてご紹介します。

バイマは無在庫販売OKの唯一のプラットホームなので、基本は無在庫でやったほうが良いです。

でも、慣れてきたら在庫販売も取り入れることで利益も増えることになります。

ただ、在庫を持つか悩む商品であれば無理して在庫はもたず、その時はSALE品を狙って活用するのがおすすめですよ。

低単価商品の仕入れで送料をかけない方法

海外のオンラインサイトでは、基本的に送料がかかり、一定額以上の買い物であれば送料が無料になるパターンがほとんどかと思います。

国際配送の場合だと、大体30000円から35000円以上の買い物で無料になることが多いです。

1個当たりで送料無料になる金額であれば良いですが、スマホケースや帽子、靴などの小物だと単価が安いので、その分普通に送料がかかるパターンに…

そこで多くの人は、同じ商品を複数個購入して在庫を持つ選択をします。

同じ商品を複数購入で在庫販売

売れ筋になっている商品であれば、複数個まとめて買うのは初心者でも難しくはないですよね。先月、今月共に何個か売れた商品とか。

まだ売れてはないけど、お気に入り登録が多い商品とか。

ただ、今の段階では売れ筋ではなくて、今後売れるかどうかもわからないものを、在庫として持つのは考えものですよね…

ずーっと売れなければ、いずれ値下げを考えなくてはいけなくなり、そうなると利益も少なくなりますからね。何より売れない期間の精神的ダメージも大きいので。

そんな時は、同じ商品を無理して複数購入するのではなく、仕事で使えるものを自分用に探してみると良いです。

特に、経費になるものを探すのがポイント。

経費になるものを探す

ブランド品の輸入販売が本業で、職業柄直営店に足を運んだり、ブランドのレセプションパーティーに参加することがあって、きちんとした洋服やバッグが必要なら経費で落とせます。

きちんとした洋服と言うとシャツやスーツなどが一般的ですが、男性なら靴下にネクタイ、女性ならストッキング、タイツとかの小物でも◎

取引先との打ち合わせで資料を持ち運ぶ時のバッグとかも、仕事で使うものなら経費で落とせるので、普段の仕事で使えそうなものも探してみると良いです。

私用目的なら経費にはならないので、仕事でちゃんと使うか?がポイントですが。

その他だと、SALE商品を探すのも一つの手段。

SALEの時期じゃなくても、ほとんどのオンラインサイトではSALEのカテゴリーが通年で設置されているので、一度確認してみることをおすすめします。

SALE商品には掘り出し物が少なくない

オンラインサイトでSALEのカテゴリーを見つけたら、必ず「最安値順」で検索します。

SALEの中でももっとも安いものから順に見ていって、その中から良さそうなアイテムをピックアップするのです。

良さそうなアイテムとは、

  • バイマで売れているもの(or売れそうなもの)
  • 家族や友人にプレゼントできそうなもの
  • 自分で使うもの(私用目的で)
  • お客さまへのプチギフト

などですね。

SALE品って売れ残りでしょ…そんなに良いもの売ってないんじゃない?と思いがちですが、実は探せばけっこう掘り出し物があります。

中には、バイマで売れてる商品だけど、売れてないサイズのものがあったりします。

バイマで売れているもの(or売れそうなもの)

例えば、レディースで人気のTシャツがあって、多くの女性が選ぶSやMがバイマで売れているけど、大きいLは売れずオンラインサイトで在庫が残り、SALEになるパターンがあります。

そんな時に、SALEで安く買って、売るターゲットを変えれば簡単に売ることも可能です。

女性で選ぶ人が少ないサイズなら、男性でも着用OKなデザインの場合、男性用の小さめTシャツとして販売することができますよね。

そうすれば、在庫を持つこともなく利益も上乗せできます。

家族や友人にプレゼントできそうなもの

家族や友人へのプレゼントって、年間で見るとけっこうな額を使っていたりしませんか?

もし良いものをSALEで安く買えたら、その分出費が抑えられますし、買う手間も省けるのでこれも一つの手段ですよね。

自分で使うもの(私用目的で)

誰かのプレゼントじゃなくても、経費にできない私用目的で使うものを購入するのも良いと思います。

定期的に買うものリストを作っておくと、バイマの仕入れの際に必要なものを安く買えるのでおすすめです。

私用目的の商品でおすすめは、Tシャツや靴下、スポーツウェアなど。

Tシャツって家でだた着ても良いですし、運動する時に使っても良いですし、あっても困るものではないですし、むしろけっこう使えます。

靴下も消耗品なのでたくさんあってもあまり困らないですよね。

あとは、スポーツウェアも良い商品が安く出ていたりするので、おうちでヨガやってたりジムに通ってたり、ウォーキングする人にも良いかと。

お客さまへのプチギフト

バラにできそうな商品でSALEのものがあれば、お客さまへのプチギフトとして贈るのもおすすめです。

喜ばれるのはミニタオル・ハンカチ、靴下、ヘアゴムとかですね。

ちょっとしたギフトとしてもらいやすく、かつ日常生活で使えるものは喜んでもらえます。

リピーターさんとか、たまたまお誕生日や記念日などのイベントで商品を購入してくださった方などに優先して付けるだけでも良いですね。

私も以前、お客様がご自分の誕生日に購入してくださった商品に、プチギフトでラルフローレンのハンカチ(セールで買っていたもの)を付けたらめちゃくちゃ喜ばれました。

今年は素敵な誕生日を迎えられそうです!と言ってもらえて、嬉しかったですね。

送料はなるべく無料で!その分利益にプラスを

まだバイマを始めたばかりの頃、送料分を計算に入れてなくて、利益がめちゃくちゃ少ないorほんの少し赤字になったり…

在庫持っちゃえ!と思って持ってみたものの、売れずにただただハラハラして過ごす…ということが多々ありました。

で、なるべく送料をかけずに利益にするにはどうしたら良いか?と考えたら、在庫を持つ以外にも

  • 経費で落とせるものはないか?
  • SALE品で使えるものはないか?

を考えるようになりました。

経費で落とせるものは限られていますし、毎回経費に充てられるものを見つけるのも難しいんですよね。

でも、SALE品で使えるものを探すのはけっこう簡単だと気付きました。

SALE品を買うことで、

  • ターゲットを変えてバイマで売る
  • 家族や友人にプレゼントする
  • 自分で使う
  • お客さまへプチギフトを贈る

ということができますからね。

なので、低単価の商品の仕入れで、

「これ、在庫持っても良いのかな…不安だな…」

と思うものであれば、無理して在庫を持つ必要はありません。

売れ筋がわかってきて、自信がついたらその時在庫販売も取り入れましょう。

まずは、在庫を持つ以外にも、経費にしたりSALE品で掘り出し物を見つけたりして、なんとか送料をかけずに効率よく仕入れをしていきたいですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする