「ライターの始め方」仕事を探す前に準備すべきこと:必須ツールの導入

STEP1でクラウドソーシングの登録とプロフィール欄を充実させることの大切さを開設しました。

そして、このSTEP2ですべきなのはライターを始めるにあたって環境を整える準備。

クラウドソーシングで仕事を進めるには、いくつか必須のツールがあるので、先に揃えておくことでスムーズに仕事が始められます。

どれも無料で導入できるツールなので、早速導入しましょう。

また、ある程度文の書き方をイメージしておくことも大切です。

ブログを立ち上げて実際に書いてみるのも良いですし、少なくとも本は数冊読んでおくと心強いです。文章を組み立てやすくなりますからね。

それでは今回は、ライターを本格的に始める前の準備編ということで、導入すべき各種ツール、ライティングに役立つ本をご紹介します。

しっかり準備をしたら、あとは仕事を探していくだけなので、良いスタートを切れるようにしていきましょう。

ライターを始めるにあたって導入すべきツール

ライター業を始めるにあたって、必ず必要になるのがChatwork。

必須ではないけれど、一応いざという時のためにあったほうが良いのがWordです。

ChatworkもWordもどちらもすでに使っていたり、導入済みの場合はここはスルーしてください。

まだの方はすぐにでも導入していきましょう。

Chatwork

チャットワークは、ライター業を始めるにあたって必ず必要になるツールで、これから一番使うことになります。

日々の業務連絡から、割り振りされた仕事の管理など、いろいろな目的で使われとっても便利です。

仕事の契約が決まると、チャットワークのグループに招待されたり、個別に登録することになります。

仕事を始める時に登録しても良いんですが、先に登録しておいたほうがすぐに仕事に取りかかれるのでスムーズですよ。

登録はもちろん無料なのでぜひ。

ちなみに、チャットワークはパソコンだけでなくスマホでもできるんですが、パソコンだけで十分かなと思ってます。

スマホの方がすぐにやり取りできるので便利ですが、クライアントの方も夜遅くから深夜まで校閲されてれる方が少なくないです。

その時に修正点や改善点などメッセージくださることがあるんですが、その度にいちいち見てたらストレスなので。

音が鳴らないようにオフにもできますが、だったら業務時間にパソコンで確認すれば良いと思うんですよね。ストレスにならない程度に、スマホの導入を決めてくださいね。

>>Chatwork

Word

Wordは必須ではないんですが、たまにクライアントによっては、トライアルの記事をwordで納品してくださいと頼まれることがあります。

なので、事前に導入しておくとスムーズかなと。

私も過去2回くらいWordでの納品を頼まれたことがあります。

基本的には、ワードプレスだったり、クライアントの方で記事投稿ツールを用意していてそちらに記事を納品していくことが多いので、Wordを使うのはトライアルくらいですね。

wordは有料ソフトですが、office onlineで使用し、one driveを使えばソフトがなくても無料で記事作成・保存できるのでそれを納品すればOKです。

>>Word

ライティングにおすすめの本

いきなり仕事を始めてパニックにならないためにも、書籍である程度勉強しておきましょう。

私も、過去たくさんの書籍を読んできましたが、ライティングに関する本であれば以下3つは読んでおくと良いと思います👇

  • 一瞬で心をつかむ77の文章テクニック
  • 人を操る禁断の文章術
  • 伝え方が9割

一瞬で心をつかむ77の文章テクニック

一瞬で人の心をつかんで離さない、77個の例文が載っている本です。

ライターだけでなく、アフィリエイトにも通ずるものが多く、文章を売りにする人にはとっても参考になる内容となっています。

読んでいると、

「確かにこういう言い方に変えると刺さるな」

「なるほど…これが魅力的な文章かぁ」

と役立つ内容が満載です。

アフィリエイターさんもおすすめしている人が多い本なので、ぜひ一度手に取って見てみてください。きっと役立ちますから。

私も、なるほどなぁと思った部分や特に良いなと思ったところは付箋を貼りまくって、活用してます。


一瞬で心をつかむ 77の文章テクニック

人を操る禁断の文章術

メンタリストDaiGoさんの本なので、知名度も高く人気。

あらゆる文章に使える内容がてんこ盛りで、記事作成にはもちろんですが、企画書やメール、LINEなど身近なところでも使える例がたくさん載っているのが良いですね。

あれこれ余分なことは書かず、本当に伝えたいことを簡潔に伝える。

伝わる文章よりも行動を起こしたくなる文章を作る、という記事作成に置いて大切なことが書かれています。

記事作成の基本から、文章の組み立て方などが学べる本かなと思います。

本を読みこんで、日常の中に落とし込んでいくことで、文章で人を引き付ける習慣ができるはず。


人を操る禁断の文章術

伝え方が9割

伝え方にはいろいろなテクニックがあり、そのテクニックを使うことで、ノーをイエスに変えることもできるというテクニック例が載った本です。

伝え方を考えることで、同じ文章も全く違った捉えられ方になるんだなと思いました。

こちらもけっこうブロガーさんやアフィリエイター、ライターの方におすすめされている本なので、一度読んでみてください。

伝え方が9割

あとは、ライターとして活動してきた中で学んだことがいろいろとあるので、以下の記事でまとめています👇

>>「簡単ライティング」ライター経験で学んだ単調な文に変化をつける方法

>>「ライティング」指示代名詞を減らして固有名詞を増やそう

>>ライティングスキルを高める方法とは?速く沢山文字を書くための3原則

準備をしたらあとは記事作成へ

ある程度準備を済ませたら、早速案件を探して執筆していくことになります。

最初は量が大事なので、とにかく書いて書いて書きまくり、クライアントのアドバイスも聞きながら、良い記事がかけるように上達させていくことが大事です。

次のSTEP3では、案件の探し方や応募方法のポイントなどについて解説します。

良いクライアントと巡り合うことで、良い案件をゲットし、やりがいがあって楽しいライター生活を始めていきましょう!

バイマ個別コンサルはこちら

BUYMA バイマ コンサルティング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする