アクセス減少!順位は上がったのにクリック数が減った時の原因と対策

こんにちは、Mioです!

アクセスが減った時にまず見るべきは、サーチコンソールの検索順位・クリック数になります。

検索順位が下がっていれば、クリック数も下がってその結果アクセスも少なくなるのは予測できることですよね👀

でも、検索順位は下がっていないのに…なぜかクリック数が減っていることがあります💧

順位は変わらないのに、なんでクリック数が減ったの?と疑問に思うと思います。

私もいくつかのブログ、サイトを持っているのですが最近なぜかクリック数が減ってアクセスが大幅ダウンすることがありました(;´・ω・)💦

そこで今回は、原因を探るとともに対策を考えてみました💡

検索順位は変わらないのにクリック数が少なくなる原因と対策を知りたい!という人はぜひ参考にしてみてくださいね。

検索順位が変わらないのにクリック数が減る原因

色々調べてみて思ったのが、以下3つの原因です👇

  • 季節的な要因でそもそも検索自体されなくなった
  • 最近リライトでタイトルを変えて以前よりクリックされなくなった
  • サイト全体の評価は変わらないけど稼ぎ頭の記事の評価が下がった

検索順位とクリック数を見るには、サーチコンソールの「検索トラフィック」「検索アナリティクス」「クリック数とクエリに既にチェックが入ってるので掲載順位にもチェックを入れる」でOK。

日付にチェックを入れて期間を比較してみるのも良いでしょう。

季節的な要因でそもそも検索自体されなくなった

これは、トレンドネタを扱っている人に多いと思います。

その時に検索ボリュームがあっても、時期が過ぎると検索ボリュームが減ってしまうようなテーマですね。

例えば、夏のイベントについての記事を書いたら春から夏にかけては検索されますが秋冬は検索されなくなりますよね?

なので、秋冬になるとアクセスが少なくなるのは当然と言えば当然のこと。

夏をメインにした記事ばかり書いていたらそれだけ秋冬はアクセスが少なくなりやすいです。

アフィサイトで言えば脱毛はやっぱり春夏が繁忙期になるので、医療脱毛や脱毛ケアアイテムを主に扱っていると秋冬にアクセスが少なくなるのは仕方がないことかと。

でも、ブログなら一つの季節に限定して記事を書くことは少ないと思いますし、あまり季節的なネタを扱うこともないと思うのでこの可能性はそこまで高くないかなと思います。

まずは、季節系の記事を書いていないか確認してみましょう💡

最近リライトでタイトルを変えて以前よりクリックされなくなった

これはリライトの仕方やタイミングとかもあると思うんですが、リライトしてタイトルを変えたら検索順位が下がったり検索順位が変わらなくても以前よりクリックされなくなったりします。

以前よりも、クリックしたくなるほど魅力的なタイトルじゃなくなったから…という理由も考えられますがリライトしたこと自体がマイナス評価になることもあると思います。

リライトはしたほうが良いと考える人が多いと思いますが、しなくて良い記事もあります。

むしろ、しないほうが良い記事もあるんですよね💡

今すでにユーザーの検索意図を満たしている記事であれば、それ以上手を加える必要はありません。

下手に手を加えることでマイナスの評価になってしまうことがあるので、検索上位だった記事であればなおさら慎重に行いましょう。

アップデート前後にタイトルを変えた記事がないかどうか一度確認してみると良いですよ。

サイト全体の評価は変わらないけど稼ぎ頭の記事の評価が下がった

サイト全体としての評価はあまり変わらないけど、稼ぎ頭の記事の評価が下がることで全体としてのクリック数が減ることがあります。

検索上位に居た記事の検索順位が落ちて、クリック数も減る。

でも、検索下位に居た記事の検索順位が上がったからサイト全体の評価としてはほぼ変わらないorさらに良くなった。

だけど検索上位に居た記事ほどはクリックが無いので、全体のクリック数としては下がった→アクセスダウンということになるのかなと思います。

私の場合このタイプが圧倒的に多いです💧

サイト全体の評価は変わらないどころか、むしろ以前よりも上がり全体の検索順位は前よりも良くなることがほとんど。

でも、稼ぎ頭の順位が少し落ちてアクセスが減ることで全体のアクセスが少なくなります。

だから、全体で見ると順位はほとんど変わらないのにけっこうアクセスが少なくなるということが起こるんじゃないかと思っています。

原因は一つではなく複数の場合も

私の場合、ご紹介した3つの原因であることが多いんですがそのうちのどれか一つに当てはまる場合もあれば原因が複数の場合もあります💡

色々な原因が合わさって、PV減少につながっているのです。

サーチコンソールとアナリティクスがあれば、どの記事がなぜアクセスが少ないのかがわかりますが検索順位が下がってないのにクリック数が減った場合は詳しく調べるまでもありません。

最終的には、「検索されなくなったから」という結論に行き着くはずです。

全体の検索順位が下がったのであれば、自分のブログ・サイトの質や記事の質に問題があると考えたほうが良いと思いますが、検索順位は変わってないor上がったのにクリック数が減るのはグーグルのさじ加減によって決まります。

次のアップデートで検索順位が変わってなくて記事もリライトしてないのにクリック数が急に増えてアクセスUPということも少なくありません。

なので、ある程度原因を探ったらあとはあまり気にし過ぎないほうが良いのかなと思います。

アクセスが減った時の対処法

アクセスが減ったら、どうにかしないと!と思い色々対策を取りがちですがそれがかえってあだとなるパターンが少なくありません(´;ω;`)💔

何もしなくても忘れたころにアクセスが戻ったり、次のアップデートで戻ったりします。

なので、下手にあれこれいじって更なるアクセス低下を促すよりは何もしないほうが良いのです。

出来る対策は少ないですが、例えば以下のようなものがあります👇

良質な記事を投稿し続ける

記事はむやみに増やしてもアクセスが増えるわけではない、と言われますが経験上やっぱり記事数が多い方がアクセスは増えます。

何百万というPVをたたき出すブログ・サイトを見ていてもやっぱり記事数も大事です。

記事を書いているうちにどんどん良い記事を生み出すことが出来ます✨

そうすれば大きくアクセスを稼いでくれる記事が生まれたりもするので、記事投稿は欠かせません。

関連記事を増やす

アクセスの多い記事や上げたいキーワードの関連記事を増やすことも大事です。

このブログ・サイトはこのテーマに強いんだな、と検索エンジンに評価してもらえるようになるからです。

統合できそうな似たような内容を書くのは逆効果だと思いますが、関連するキーワードでまだ書いていない内容があれば関連記事として増やしてみましょう。

こういう記事があるともっと良いかも?もっと役立つかも?と考えてみると良いですよ✨

新しくブログ・サイトを増やす

一つのブログ・サイトだけに絞っていた場合、もしアクセスが減ったら収入もダウンしてしまい死活問題になりかねません。

何より精神的ショックも大きいですからね…( ノД`)💦

ブログやサイトが育つのにも時間がかかりますし、アクセスがちょこちょこ下がるようであればリスク分散という形で新しく作るのも良いでしょう。

数が多くなればなるほど管理するのも大変ですが、データが集めやすいメリットもあります。

何が原因でアクセスが下がったのか、どんなジャンルのどんな記事がアクセスが下がりやすいのか…などがわかるようになりますからね。

出来ることからぜひ試してみてください✨

バイマ個別コンサルはこちら

BUYMA バイマ コンサルティング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする